お客様のニーズにお応えする総合情報サービス企業/システムズ・デザイン株式会社
 
個人情報保護方針
サイトマップ
ご利用にあたって
contacet
経営理念は「カスタマー・ファースト(Customer first)」です。

株主の皆さまには日ごろよりご指導ご鞭撻を賜りましてありがとうございます。厚く御礼申し上げます。
ここに、システムズ・デザイン株式会社グループの第54期第2四半期決算を終えましてのご報告を申し上げます。

代表取締役社長
隈元 裕
代表取締役社長 隈元 裕

はじめに、昨年判明いたしました無断再委託によって契約ないし法令違反の事態を招き、株主・投資家の皆さまをはじめとして関係者の皆さまには多大なるご迷惑をおかけしたことを、改めて深くお詫び申し上げます。2019年8月30日に公表いたしましたとおり、個人情報保護委員会からの指導を受け、これをひとつの区切りとして厳粛に受け止め、引き続き信頼回復に向け新たな気持ちで役職員一同精進してまいります。

さて、sdcグループの属する情報サービス分野においては、働き方改革や人手不足の解消に向けた生産性向上への取り組み、セキュリティ対策への意識の高まりから、企業のIT投資は堅調に推移しております。

このような状況のもと、継続案件や新規案件の受注確保、人材育成および採用活動への投資などに注力しました。また、RPA業務など新技術・新サービスへの取り組みを強化してまいりました。しかしながら通期売上の見通しは、システム開発事業において不採算案件の影響により新規案件の受注が伸び悩んだこと、大型案件が来期以降の受注予定となったことなどにより、当初の予想より減少しました。利益面においても、売上減少要因の影響に加え、不採算案件の収束を図るために受注損失引当金を追加計上したことや、アウトソーシング事業において一部子会社の業績が低調に推移したため、当初の予想を大幅に下回りました。その結果、上場以来初となる通期赤字決算の見通しとなり、株主・投資家の皆さまをはじめとして関係者の皆さまに更なるご心配をおかけしたことを重ねてお詫び申し上げます。今後、システム開発事業における受託案件等への取り組み方の見直しや、不採算案件の抑制を目的とする体制の強化等を図り、また、アウトソーシング事業においても、抜本的に見直した組織運営を徹底していくことにより、業績の回復を図ってまいります。

なお、当期末の配当については、基本方針である安定配当の維持を堅持し、1株当たり普通配当13円を維持する予定です。また、11月には自己株式取得を決議し株主還元策の拡充にも努めております。

株主の皆さまにおかれましては、引き続き、変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

Copyright (c) 2005 SYSTEMS DESIGN Co.,Ltd. All Right Reserved.